2016年9月28日水曜日

大阪市パノラマ地図検定解説編(2-8)

大正13年発行の「大阪市パノラマ地図」から出題した、大阪市パノラマ地図検定の解説編です。

(第2回 第8問)
下の地図は大阪市パノラマ地図のある部分を拡大したものです。
A 地図の中心の赤丸印の場所には当時何があったでしょうか?(建物名、橋名など)
B 現在はどうなっているでしょうか?
C 江戸時代天保年間には何があったでしょうか?
D その後松坂屋はどこへ移転したでしょうか?

  配点は、A、Dは各2点、B、Cは各3点とします。

解答と解説
A 松坂屋
B 高島屋東別館
C 日本橋筋沿いの長町
D 松坂屋は昭和41(1966)年に天満橋に移転し、その後は高島屋東別館となる。
 
堺筋にあった4つの百貨店の建物で唯一残ったもので朝ドラ「カーネーション」で効果的にロケされていた。


 松坂屋は、大正12(1923)年に南区日本橋筋3丁目(現・浪速区日本橋3丁目)に「松坂屋いとう呉服店大阪店」を開店しました。昭和13(1938)年に大阪店増改築工事が竣工(現・高島屋東別館)しました。
 1960年代前半、市電の廃止と引き換えに地下鉄整備が進むようになったものの、堺筋の市電路線が廃止されたことに加え近辺に地下鉄駅も開設されないなど大阪店周辺の交通環境の悪化で業績を好転させるのは不可能と判断し、新大阪店の候補地を大阪城の北西部に当たる京阪天満橋駅の地下化および駅ビル建設に伴う鉄道利用客の需要を見込み、移転することとしました。1964年4月、京阪電鉄、松坂屋、竹中工務店の3社の出資による京阪ビル(株)を設立、京阪天満橋駅の上部と隣接地に地下4階、地上8階の京阪ビルディングの建設を発表。
 1966年10月1日、東区京橋2丁目(現・中央区天満橋京町)に移転。「桜の通り抜け」や天神祭でも有名な大川沿いに位置し、ガラス張りの休憩室や飲食店からの展望を売りとし、結婚式場をはじめ海外旅行サロン・文化催事場・スポーツ用品センターなどを導入しながら他店との差別化を図りました。しかし梅田を中心とするキタ、心斎橋・なんばを中心としたミナミの大阪市内二大商業地域に人口が集中していた上、天満橋周辺が商業地域というよりもオフィス街という性格上、周辺に人をよびこむことができませんでした。総面積も市内の主要百貨店と比べ狭く、川沿いの立地が災いし売場の増床も事実上不可能でした。
 1973年、1976年にそれぞれ、ファッション部門を強化。1986年から1988年にかけても全館を改装、食品フロア「グルメ館」として再編。1996年、長堀鶴見緑地線の京橋~心斎橋間の開通により、多くの人が心斎橋に流れました。1997年から1999年にかけ食料品フロアを「食彩館」として展開。全館のうち5フロアを女性ファッションフロアに特化して改装、1998年4月8日に新装開店。若者向けの改装のほか人気テナントの導入や業態転換などの方針がとられたが、失敗に終わったとされます。

 以前より松坂屋より京阪側に撤退を含めて検討したいとの要望が出されていたのをきっかけに、岡田邦彦社長(当時)が「競合店が次々とでき、今後、商圏を大きく奪われる。投資しても回収が見込めない状況だ」と述べ、閉店が正式に決定し、2004年5月5日閉店。移転後ただの一度も黒字化を果たせない店舗となりました。移転後には幾多の改装などを行うなどの努力をしてきたにも関わらず、実を結ぶことはできず、閉店後、この京阪ビルディングのうち松坂屋が所有している土地、建物を京阪側に売却。京阪による大規模な改装工事が行われたのち、2004年11月25日に地下2階の食品売り場である「デリスタ」が先行オープンし、その後2005年5月27日に「京阪シティモール」がオープンしました。(以上ウィキペディアより)
浪華名所獨案内(天保年間)の日本橋
天保新改攝州大阪全圖(天保8(1837)年発行)の日本橋
明治41年、昭和7年、昭和22年の地形図、最近の航空写真の堂島付近(今昔マップ3)
第2回第9問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/08/blog-post_31.html
第2回第1問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/08/blog-post_10.html
第1回第1問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/06/blog-post_1.html




2016年9月26日月曜日

今週の今昔館(26) 20160926

〇今昔館のあまり知られていない展示(その16)
 近世のフロアのあまり知られていない展示の6回目は、こちらの写真です。
 風呂屋にあります。何という名前でしょうか?

 また、入り口が低くなっていますが、なぜ、このような形をしているのでしょうか。


 答えは「柘榴口(ざくろぐち)」。この奥に浴槽があります。入り口が低くなっているのは、湯気が外に逃げないようにするためです。江戸時代の風呂は、今でいえばサウナのような蒸し風呂方式でした。少しの水と燃料でこと足りる蒸し風呂は効率が良く、世界各地で見られる入浴方法です。

 「柘榴口」とは変わった名前ですが、名前には由来があります。デジタル大辞泉の解説によると、《鏡磨きにザクロの酢が必要とされたところから、「鏡要る」に「屈み入る」をかけて出来た名》といわれ、江戸時代の風呂屋で、洗い場から湯ぶねへの出入り口。湯の冷めるのを防ぐために、洗い場と湯ぶねとの間に、下部をあけて板を張り、からだをかがめて出入りするようにした所。とあります。

 また、今昔館に再現された柘榴口は、唐派風のこけら屋根、朱塗りの派風板、欅(けやき)の柱に一枚板の羽目板の造りになっています。これには、ちゃんと根拠となる資料があります。「守貞謾稿」に紹介されている「大坂の浴戸」には、柘榴口の図があり、詳しく説明が書かれています。

「守貞謾稿」に紹介された「大坂の浴戸」

 次の図は、谷町糸屋町筋松尾町にあった勇湯の内部です。大坂の風呂屋を描いた数少ない資料の一つで、天保初年ごろとされています。今昔館の風呂屋は、こうした資料に基づいて再現されています。名前は「天神湯」、当主は天満屋与兵衛、家紋・店印は梅鉢、家族は5人、奉公人1人という設定になっています。

勇湯の内部(天保初年ごろ)

 今昔館の風呂屋の内部。手前が脱衣場、奥が洗い場、柘榴口を潜って浴槽に入ります。天保初年ごろ、湯銭は、大人8文、子供6文、乳飲み子4文、肌を磨く糠袋が3文でした。
今昔館の風呂屋の内部

 風呂屋は町の社交場でもありました。洗い場の壁には、芝居興行の広告、店の引き札などが張られていました。現代のポスターと同じです。
 今昔館の風呂屋「天神湯」について、お風呂アドバイザー おかきた'まりさんが、ブログ「洗いの殿堂」で紹介していただいています。



〇今週のイベント・ワークショップ

9月26日、28日~30日、10月1日、3日、5日~8日、10日、12日~15日
町家ツアー

住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」の9階「なにわ町家の歳時記」では、楽しいガイドツアーをおこなっております。当日ご来館の方は、自由に参加していただけます。
※団体でお越しの場合は、事前にお申し込みください。
開催日:平日・土曜日(※日曜日は下記のとおり、町家衆による町家ツアーがあります。)
時 間:11:30、14:30

10月2日、9日、16日
町家衆イベント 町家ツアー

江戸時代大坂の町並みについて町の特色や見どころをわかりやすく解説します。
時 間:13:10~14:00


10月2日(日)
町家衆イベント 町の解説

江戸時代の大坂では人々はどのように暮らしていたのか。
当時の史料(複製)とともに町会所で詳しく説明します。
開催日:第1・3日曜
時 間:13:00~16:00

10月8日(土)
ワークショップ 『和風マグネットを作ろう』

①13時30分 ②14時30分
各回先着10名、参加費:300円
*当日10時より受付で参加整理券を販売します

10月9日(日)
町家衆イベント おじゃみ

古布を四角く切って縫い合わせて作るおじゃみ(お手玉)。
作り方をていねいにお教えします。
開催日:第2日曜
時 間:14:00~16:00

10月9日(日)
イベント 子ども落語大会 於:天満天神繁昌亭
9/11(日)に開催の、第11回子ども落語大会の入賞者が天満天神繁昌亭の舞台に立ちます
10時~12時 観覧無料
場所 天満天神繁昌亭
(大阪市営地下鉄 谷町線・堺筋線南森町駅、JR東西線大阪天満宮駅④B出口から徒歩3分)

10月15日(土)
町家衆イベント 折り紙(有料)

季節に合わせてさまざまな折り紙をお教えします。
作品は持ち帰っていただきます。
開催日:偶数月の第3土曜
時 間:13:30~15:00

10月16日(日)
イベント 町家でお茶会

町家の座敷で「ほっと一息」一服いかがですか
先着順50名、茶菓代300円
※当日10時30分より8階ミュージアムショップでお茶券を販売します
協力:大阪市役所茶道部
13時~15時

10月16日(日)
町家衆イベント 今昔語り

大阪に残る昔ばなしを、町家の座敷でお聞かせします。
あたたかくなつかしい風情をお楽しみください。
開催日:お茶会と同日
時 間:14:30~15:00

10月16日(日)
町家衆イベント 町の解説

江戸時代の大坂では人々はどのように暮らしていたのか。
当時の史料(複製)とともに町会所で詳しく説明します。
開催日:第1・3日曜
時 間:13:00~16:00


そのほかのイベント・ワークショップはこちらからご覧いただけます。
そのほか定期開催のイベントはこちらからご覧ください。

大阪くらしの今昔館の展示内容や利用案内などについて詳しくはこちらからどうぞ。

 「住まい・まちづくり・ネット」では、大阪市立住まい情報センター主催のセミナーやイベントの紹介、専門家団体やNPOの方々と共催しているタイアップイベントの紹介などを行っています。イベント参加の申し込みやご意見ご感想なども、こちらから行える双方向のサイトとなっています。
「住まい・まちづくり・ネット」はこちらからどうぞ。≫http://www.sumai-machi-net.com/
初めての方はこちらからどうぞ。≫http://www.sumai-machi-net.com/howtouse



2016年9月21日水曜日

大阪市パノラマ地図検定解説編(2-7)

大正13年発行の「大阪市パノラマ地図」から出題した、大阪市パノラマ地図検定の解説編です。

(第2回 第7問)
下の地図は大阪市パノラマ地図のある部分を拡大したものです。
A 地図の中心の赤丸印の場所には当時何があったでしょうか?(建物名、橋名など)
B 現在はどうなっているでしょうか?
C 江戸時代天保年間には何があったでしょうか?
D 三越はここでいつまで営業していたでしょうか?

  配点は、A、Dは各2点、B、Cは各3点とします。

解答と解説
A 三越呉服店(百貨店)
B ザ・北浜タワー&プラザ
C 三井越後屋(呉服店)
 1690年以来三井越後屋として長い歴史があったが阪神淡路大震災で被災し規模を縮小した。平成17(2005)年5月5日に閉店し、315年の歴史に幕を下ろした。

 高級呉服店の越後屋(現三越)が店を構えた堺筋は江戸時代、大きな商店が軒を連ねる大阪随一の繁華街だった。三越によると、越後屋はこの当時、京都で仕入れた高級呉服を直送販売して、大いに繁盛しました。
 三越が江戸日本橋と大坂高麗橋に店を構えたのは、東海道五十七次の両端(まちの中心地)を押さえるためという説があります。三井・三越のホームページをみると、
1673(延宝元)年8月 三井高利が江戸本町一丁目に呉服店「越後屋」を開業。店頭現銀売りを始めた。
1683(天和3)年5月 本町から駿河町(現在地)に移転し、両替店(現在の三井住友銀行)を併置。「店前現銀掛け値なし」、「小裂いかほどにても売ります」のスローガンを掲げるが、これは世界初の正札販売だった。
1691(元禄4)年 春 大阪高麗橋一丁目に呉服店と両替店を開設
とあります。

 江戸進出に当たり、当初から江戸随一の呉服店街である江戸本町1丁目に店を借り受けさせ、その後、掛売・掛値の廃止、店先売り(たなさきうり)、反物の切り売りといった新機軸の展開に合わせて現在地の駿河町(日本橋の袂で、正面に江戸城とそのバックに富士山が望めることから駿河町と呼ばれた)に移転し、大店(おおだな)に発展していったそうです。
 大坂への出店に当たっても初めから高麗橋1丁目(1丁目は大坂城に最も近い)に店を構えています。ブランドへのこだわりは事実だったようです。詳しくは、三井広報委員会のHPをご覧ください。
http://www.mitsuipr.com/history/column/08/
http://www.mitsuipr.com/history/column/09/

 堺筋の繁栄は、明治維新後も続きました。大正期、第一次世界大戦などを契機に資本を蓄積した企業や資産家が数多く現れ、勤労者の所得水準の向上や人口の急増も追い風となって、東京、大阪では本格的な消費文化の時代が到来します。ビジネス街としても発展した堺筋には、三越以外にも高島屋、松坂屋、白木屋が相次ぎ出店。昭和の初めにかけて洋風の高層建築物を競って建て、堺筋は「百貨店通り」と称されるほどのにぎわいを見せました。
 しかし、1937年、第7代の大阪市長、関一氏が手掛けた都市大改造計画によって現在の御堂筋が完成し、梅田と難波の鉄道ターミナルが直結されると、街の様相は一変します。人の流れは堺筋から御堂筋へと移り、三越以外の百貨店は続々と撤退していきました。

 三越が堺筋に踏みとどまったのは、旧三井財閥の祖としてのプライドに加え、他の百貨店と違って「顧客に資産家や商家など富裕層を多く抱えていた」(鈴木伸之店長)事情もありました。太平洋戦争後、高度成長期を経て大阪近郊の人口が急増すると三越は攻めに出て、68年には枚方に分店を出店。74年には大阪店に新館(現本館)を建て、大幅増床しました。
 しかし、三越大阪店の業績は、その後20年間で急速に悪化していった。最初の契機は84年、閉鎖した旧神戸店の従業員を引き取る受け皿となったことでした。売り上げが増えないのに人件費だけが増え、店は一気に赤字体質へと変化しました。
 そして、95年に発生した阪神大震災は、三越大阪店を危機に追い込みました。旧本館は外壁に亀裂が入り、内部も各階で水漏れや破損の被害を受けて、三越は旧本館の取り壊しを決定。その跡地に96年5月、現在の新館をオープンさせますが、売り場面積は被災前の約2万3000平方メートルから、半分以下の約1万平方メートルへと減少しました。
 大阪店の売上高は94年から95年にかけて一気に約90億円減少。ピーク時の90年に526億円あった売上高は、95年には6割弱の309億円まで減少していました。

 そんな三越にとってさらに致命的だったのが、97年3月に行われた旧国鉄大阪鉄道管理局跡地の競争入札の敗退。現JR大阪駅の北側に隣接する同跡地に、三越は真っ先に進出を表明、阪神大震災の被災前から、大阪店の移転に強い意欲を示していました。
 被災で取り壊した旧本館は地下1階、地上8階の重厚な洋風建築でしたが、その跡地に建てた現新館は地上2階建ての、中途半端な作り。その理由は、鉄道管理局跡地の入札では下馬評で三越が最も有力視され、三越自身も「どうせ数年すれば梅田に店を移転できる」と受け止めており、本格的な修復投資を行わなかったためでした。
 この誤算によって、新規顧客の獲得もままならない三越大阪店は、さらに窮地に追い込まれていきます。00年には、閉鎖・売却予定だった心斎橋のそごう大阪店の用地取得に動きます。しかし、そごうが売却を撤回、同地で再建することを決め、この計画も立ち消えになりました。
 大阪店の累積損失は84年から03年度末までの20年間で600億円を超え、三越は04年9月、ついに閉鎖と土地の売却を決断しました。315年の歴史を刻んだ堺筋・高麗橋の地を離れる三越は、6年間の空白を経て11年、JR西日本がJR大阪駅北側に建設する大阪駅北ビルに再出店する方針でした。 (以上、2005年5月5日毎日新聞より)

 当初は三越が直営で出店する予定でしたが、三越と伊勢丹の経営統合に伴う三越伊勢丹ホールディングスの誕生に伴い、ジェイアール西日本伊勢丹が運営することになりました。運営会社は異なりますが、事実上2005年に閉店した三越大阪店(大阪市中央区高麗橋一丁目7番5号)の後継店舗です。
 “ファッションの伊勢丹”の独自色を強く打ち出すため、「イセタンメンズ」や「イセタンガール」など、百貨店が独自に商品の品揃えや売場作りを手掛ける「自主編集売り場」の比率を売り場面積の3割にまで高めた異例の構成としていました。
 同じジェイアール西日本伊勢丹が運営するジェイアール京都伊勢丹が好調なのに対して、すぐ近くに強力なライバル店がひしめく同店は、開業初年度500億の売上目標に対して約6割の334億しかあげられず、その後も不振が続いていたため、5万平方メートルから半分程度に縮小する再建策を発表。2014年7月に10階と地下2階以外のフロアが閉店しました。
 2015年4月、建物自体が「ルクア1100(イーレ)」としてリニューアルするのに伴い、ロゴをセレクト感を強調した小文字に変更し、8つの「isetan」ショップとして新たに入居する形となりました。これにより「JR」「三越」の入った「JR大阪三越伊勢丹」の名称は消滅しました。(以上、ウィキペディアより)

 大阪から「三越」の名前が消えてしまったことは寂しいような気もします。

浪華名所獨案内(天保年間)の北船場
天保新改攝州大阪全圖(天保8(1837)年発行)の北船場
明治41年、昭和4年、昭和22年の地形図、最近の航空写真の北船場(今昔マップ3)
第2回第8問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/08/blog-post_31.html
第2回第1問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/08/blog-post_10.html
第1回第1問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/06/blog-post_1.html

2016年9月19日月曜日

今週の今昔館(25) 20160919

〇今昔館のあまり知られていない展示(その15)
 近世のフロアのあまり知られていない展示の5回目は、こちらの写真です。
 大坂町3丁目では一番大きなお店です。何屋さんでしょうか?
 また、「ウルユス」という名前の由来は何でしょうか?



 答えは薬屋(合薬屋)です。名前の由来は、「体内の毒を空にする」という意味の「空ス」の「空」の字を3つに分割して「ウルユ」とし、スを付けて「ウルユス」としたもので、オランダ語めかした名前としたとされています。もともと薬の名前ですが、「ウルユス」という薬を扱う店=ウルユス店としても親しまれていたようです。

ウルユス店の店内


 合薬屋の置き看板です。漆塗りの重厚な造りとなっています。
ウルユスの置き看板
ウルユスの置き看板と「ウルユス」


 嘉永2年(1849)刊の「二千年袖鑑」に描かれた肥後屋健寿堂の店頭。ウルユスの効能書が暖簾に染め抜かれています。屋根看板も彫りを施した立派なものとなっています。大坂淡路町心斎橋西に実在し、「ウルユス」という薬を製造・販売し、江戸・京都・名古屋にも出店を持つ有名な薬屋でした。こうした資料に基づいて、町並みが再現されています。

肥後屋健寿堂の店頭
ウルユス店の暖簾と屋根看板
ウルユス店の暖簾
ウルユスの屋根看板

 ウルユス店は江戸時代に実在した店で、浪華名所獨案内にも淡路町心斎橋に描かれています。西御堂(北御堂)にも近く、モデル観光ルートにも入っています。
浪華名所獨案内のウルユス店


〇着物体験の利用料金改定について
 2016年9月10日より、着物体験の利用料金が、お一人様1回につき500円となっています。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
http://konjyakukan.com/topic.html#20160827




〇今週のイベント・ワークショップ

9月22日~24日、26日、28日~30日
町家ツアー

住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」の9階「なにわ町家の歳時記」では、楽しいガイドツアーをおこなっております。当日ご来館の方は、自由に参加していただけます。
※団体でお越しの場合は、事前にお申し込みください。
開催日:平日・土曜日(※日曜日は下記のとおり、町家衆による町家ツアーがあります。)
時 間:11:30、14:30

9月19日、25日
町家衆イベント 町家ツアー

江戸時代大坂の町並みについて町の特色や見どころをわかりやすく解説します。
時 間:13:10~14:00


9月22日(木・祝)
町家衆イベント ワークショップ「パタパタを作ろう」

①13時~ ②14時30分~
当日先着各回10名、参加費400円
*当日10時より8階受付で参加整理券を販売します
講師:大阪くらしの今昔館 町家衆

9月24日(土)~25日(日)
イベント 彼岸の屋台

落語にある見世物小屋を再現した「見世物小屋」に「のぞきからくり」や「宝引き」など・・
お祭りは大人も子どもも楽しめます。
時 間:13:00~16:00

9月24日(土)~25日(日)
ぜんざい

11時から、100円/1杯 (無くなり次第終了)

9月24日(土)
ワークショップ 『お月見団子作り』

先着15名、参加費:300円
*当日10時より8階受付で参加整理券を販売します。
13時30分~15時

9月25日(日)
町家衆イベント 絵本で楽しい時間

むかし話などの絵本を表情豊かに読み聞かせます。
じっくりとお聞きください。
開催日:第4日曜
時 間:14:30~15:00

10月2日(日)
町家衆イベント 町の解説

江戸時代の大坂では人々はどのように暮らしていたのか。
当時の史料(複製)とともに町会所で詳しく説明します。
開催日:第1・3日曜
時 間:13:00~16:00

10月8日(土)
ワークショップ 『和風マグネットを作ろう』

①13時30分 ②14時30分
各回先着10名、参加費:300円
*当日10時より受付で参加整理券を販売します

10月9日(日)
町家衆イベント おじゃみ

古布を四角く切って縫い合わせて作るおじゃみ(お手玉)。
作り方をていねいにお教えします。
開催日:第2日曜
時 間:14:00~16:00

10月9日(日)
イベント 子ども落語大会 於:天満天神繁昌亭
9/11(日)に開催の、第11回子ども落語大会の入賞者が天満天神繁昌亭の舞台に立ちます
10時~12時 観覧無料
場所 天満天神繁昌亭
(大阪市営地下鉄 谷町線・堺筋線南森町駅、JR東西線大阪天満宮駅④B出口から徒歩3分)


そのほかのイベント・ワークショップはこちらからご覧いただけます。
そのほか定期開催のイベントはこちらからご覧ください。

大阪くらしの今昔館の展示内容や利用案内などについて詳しくはこちらからどうぞ。

 「住まい・まちづくり・ネット」では、大阪市立住まい情報センター主催のセミナーやイベントの紹介、専門家団体やNPOの方々と共催しているタイアップイベントの紹介などを行っています。イベント参加の申し込みやご意見ご感想なども、こちらから行える双方向のサイトとなっています。
「住まい・まちづくり・ネット」はこちらからどうぞ。≫http://www.sumai-machi-net.com/
初めての方はこちらからどうぞ。≫http://www.sumai-machi-net.com/howtouse



2016年9月14日水曜日

大阪市パノラマ地図検定解説編(2-6)

大阪市パノラマ地図検定の解説編です。

(第2回 第6問)
下の地図は大阪市パノラマ地図のある部分を拡大したものです。
A 地図の中心の赤丸印の場所には当時何があったでしょうか?(建物名、橋名など)
B 現在はどうなっているでしょうか?
C 江戸時代天保年間には何があったでしょうか?
D 天守閣が再建されたのはいつでしょうか?

 配点は、A、Dは各2点、B、Cは各3点とします。


解答と解説
A 大阪城天守台

B 昭和復興大阪城天守閣
C 江戸期大坂城天守台
D パノラマ地図に描かれている天守台は江戸期の徳川天守のもので、
  この上に豊臣期の天守を模した昭和復興天守閣が昭和6年に再建された。


浪華名所獨案内の大坂城付近(上が東)
天保新改攝州大阪全圖(天保8(1837)年発行)の大坂城付近

 上町台地は大阪のルーツともいえるところで、かつては、上町半島という形でせり出し、西は大阪湾、東は河内湖となっていました。半島の先端部には難波の宮がありました。同じ場所に中世には大坂本願寺(石山御坊)が立地、織田信長に攻められて撤退し、その後、豊臣秀吉が大坂城を築城しました。豊臣大坂城の天守は、地図で貯水池となっている場所にありましたが、夏の陣の後、徳川氏の盛り土によって地中に埋められました。
 徳川氏による大坂城修築工事は3期にわたる工事を経て1629年(寛永6年)に完成しました。その後1665年(寛文5年)には落雷によって天守を焼失し、以後は天守を持たない城でした。
 「大阪市パノラマ地図」には、天守台はありますが、天守閣がありません。この天守台は徳川大坂城の天守台です。現在の天守閣は、豊臣時代の大坂城をモデルにした鉄筋コンクリート造の建物で、徳川大坂城の天守台の上に昭和6(1931)年に再建されたものです。地図の発行の7年後に再建されたことになります。
 大正時代に城周辺の公園整備計画が持ち上がり、1928年(昭和3年)、当時の大阪市長、關一が天守再建を含む大阪城公園整備事業を提案し、昭和天皇の即位記念事業として整備が進められました。集められた市民の募金150万円によって陸軍第4師団司令部庁舎と天守閣の建設がすすめられました。天守閣の基本設計は波江悌夫が行い、大林組の施工で、再建工事は1930年(昭和5年)に始まり、翌年に完成しました。
 当時お城の周辺はほとんど軍の施設で、市民の入れないところでした。天守閣の再建と合わせて、大阪城公園として市民に開放されるようになったとのことです。同時に師団司令部も建て替えられましたが、こちらのほうが天守閣よりもお金がかかったそうです。
 パノラマ地図中の師団司令部となっている木造の建物は、明治18(1885)年に和歌山城から移築された紀州御殿で、司令部庁舎として利用されていました。師団司令部の建て替え後は天臨閣と改称され、戦災には生き残りましたが、昭和22(1947)年、米軍の失火により焼失しました。残っていれば重要文化財級の建築物であったと思われ、残念です。
 現在、初代豊臣期大坂城の石垣を掘り起こして公開する「豊臣石垣公開プロジェクト」が進められています。募金の方もよろしくお願いします。
 昭和6年建設の師団司令部は、戦後、市立博物館として活用されていましたが、大阪歴史博物館の開館に合わせて閉鎖され、現在に至っています。 平成27(2015)年4月1日より大阪城公園は「大阪城パークマネジメント株式会社」が管理することになり、この建物も改修の上でレストラン等の複合施設として使用することとなっています。


明治41年、昭和4年、昭和22年地形図、最近の航空写真の大阪城付近
第2回第7問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/09/blog-post_21.html
第2回第1問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/08/blog-post_10.html
第1回第1問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/06/blog-post_1.html

2016年9月12日月曜日

今週の今昔館(24) 20160912

〇展示替えについて
 9月10日(土)からは、「商家の賑わい」の展示となりました。
 江戸時代の大坂の店先を再現し、当時の賑やかな商家の様子を楽しめます。



 なお、9月10日からは通常通り、毎週火曜日と第三月曜日が休館日となります。
 9月は、13日、20日、27日の火曜日と、21日(水)が休館となります。
 第三月曜日19日は祝日のため開館しますので、21日(水)が休館となります。
 9月のカレンダーは、こちらでご確認ください。
http://konjyakukan.com/kaikanjikan.php?nextm=201609



〇着物体験の利用料金改定について
 2016年9月10日より、着物体験の利用料金が、お一人様1回につき500円となっています。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
http://konjyakukan.com/topic.html#20160827




〇今昔館のあまり知られていない展示(その14)
 近世のフロアのあまり知られていない展示の4回目は、こちらの写真です。
 写真のねこは今昔館のどこにいるかご存じでしょうか?
 ほかにどんな動物がいるかご存知でしょうか?



 答えは「小間物屋の屋根の上」です。ねこのほかには、犬、にわとり、ネズミ、スズメ、やもり、とんぼ、せみなどがいます。このほか、ツバメの巣や、ハチの巣などもあります。

小間物屋の屋根の上の猫
祠・裏長屋に通じる路地
「てん」ちゃんと「ろく」ちゃん

 祠と裏長屋に通じる路地(ろおじ)にいる親子の犬は、写真の撮影スポットとしても有名で、名前も「てん」ちゃん、「ろく」ちゃんと命名されました。合わせると「てんろく(天六)」となります。
 こちらはツバメの巣です。どこにあるか探してみてください。

 大阪くらしの今昔館は住まいの専門博物館というテーマ性を持っている点に加えて、知的な情報を遊び心で読み解く「知的娯楽装置=アミュージアム」という特徴を持っています。
 このため、今昔館は、学問的な裏付けをしっかり持った展示監修による本物の空間と、一般の人々の目の高さに立って読み解いた、遊び心を刺激する体感・納得型の展示装置の2つを兼ね備えています。


 今昔館では、一般向けのリーフレットのほかに、小学校低学年用と高学年用の2種類の子ども用リーフレットを用意し、楽しみながら学べる仕掛けをご用意しています。
 

 
〇今週のイベント・ワークショップ

9月12日、14日~17日、22日~24日
町家ツアー

住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」の9階「なにわ町家の歳時記」では、楽しいガイドツアーをおこなっております。当日ご来館の方は、自由に参加していただけます。
※団体でお越しの場合は、事前にお申し込みください。
開催日:平日・土曜日(※日曜日は下記のとおり、町家衆による町家ツアーがあります。)
時 間:11:30、14:30

9月18日、19日、25日
町家衆イベント 町家ツアー

江戸時代大坂の町並みについて町の特色や見どころをわかりやすく解説します。
時 間:13:10~14:00


9月17日(土)
イベント 上方の華と粋 座敷舞

上方の地で生まれ育った「上方舞」
山村流の立方が町家の座敷で華やかな舞を披露します
舞い方:山村若祿之 他
14時~15時


9月18日(日)
町家衆イベント 今昔語り

大阪に残る昔ばなしを、町家の座敷でお聞かせします。
あたたかくなつかしい風情をお楽しみください。
開催日:お茶会と同日
時 間:14:30~15:00

9月18日(日)
町家衆イベント 町の解説

江戸時代の大坂では人々はどのように暮らしていたのか。
当時の史料(複製)とともに町会所で詳しく説明します。
時 間:13:00~16:00


9月18日(日)
町家衆イベント 連鶴

折鶴がいくつもつながった連鶴。
一枚の紙から折るところに特色があります。
作り方を詳しくお教えします。
開催日:奇数月の第3日曜
時 間:14:00~15:30

9月18日(日)
イベント 町家でお茶会

町家の座敷で「ほっと一息」一服いかがですか
先着順50名、茶菓代300円
※当日10時30分より8階ミュージアムショップでお茶券を販売します
協力:大阪市役所茶道部
時 間:13時~15時


9月22日(木・祝)
町家衆イベント ワークショップ「パタパタを作ろう」

①13時~ ②14時30分~
当日先着各回10名、参加費400円
*当日10時より8階受付で参加整理券を販売します
講師:大阪くらしの今昔館 町家衆

9月24日(土)~25日(日)
イベント 彼岸の屋台

落語にある見世物小屋を再現した「見世物小屋」に「のぞきからくり」や「宝引き」など・・
お祭りは大人も子どもも楽しめます。
時 間:13:00~16:00

9月24日(土)~25日(日)
ぜんざい

11時から、100円/1杯 (無くなり次第終了)

9月24日(土)
ワークショップ 『お月見団子作り』

先着15名、参加費:300円
*当日10時より8階受付で参加整理券を販売します。
13時30分~15時

9月25日(日)
町家衆イベント 絵本で楽しい時間

むかし話などの絵本を表情豊かに読み聞かせます。
じっくりとお聞きください。
開催日:第4日曜
時 間:14:30~15:00



そのほかのイベント・ワークショップはこちらからご覧いただけます。
そのほか定期開催のイベントはこちらからご覧ください。

大阪くらしの今昔館の展示内容や利用案内などについて詳しくはこちらからどうぞ。

 「住まい・まちづくり・ネット」では、大阪市立住まい情報センター主催のセミナーやイベントの紹介、専門家団体やNPOの方々と共催しているタイアップイベントの紹介などを行っています。イベント参加の申し込みやご意見ご感想なども、こちらから行える双方向のサイトとなっています。
「住まい・まちづくり・ネット」はこちらからどうぞ。≫http://www.sumai-machi-net.com/
初めての方はこちらからどうぞ。≫http://www.sumai-machi-net.com/howtouse



2016年9月7日水曜日

大阪市パノラマ地図検定解説編(2-5)

大正13年発行の「大阪市パノラマ地図」から出題した、大阪市パノラマ地図検定の解説編です。

(第2回 第5問)
下の地図は大阪市パノラマ地図のある部分を拡大したものです。
A 地図の中心の赤丸印の場所には当時何があったでしょうか?(建物名、橋名など)
B 現在はどうなっているでしょうか?
C 江戸時代天保年間には何があったでしょうか?
市庁はここへ移転する前はどこにあったでしょうか?

  配点は、A、Dは各2点、B、Cは各3点とします。

解答と解説
A 三代目大阪市庁舎
B 四代目大阪市庁舎
C 唐津藩の蔵屋敷
D 二代目の庁舎は北区堂島浜通2丁目にありました。


 二代目の市庁舎は北区堂島浜通2丁目にあった木造2階建ての議事堂を持つ仮庁舎で、明治45(1912)年5月に竣工し、5月18日に江之子島の旧庁舎から移転しました。

 明治44(1911)年2月、大阪市会では大阪・中之島公園の地に新庁舎を建設するの議を定めました。市はその設計案を懸賞募集とすることで一般の案を募り、大正元年(1912年)9月に行われた審査の結果、応募された65案中3案が優秀案に選定され、この3案を参考に設計されることとなりました。優秀作の第1席は台湾総督府技師小川陽吉の案でした。


 計画は大阪市の財政事情により延期されながらも、大正6(1917)年6月、片岡安により実施設計が行われた後、大正7(1918)年6月に着工し、大正10(1921)年5月に竣工しました。この三代目庁舎落成を記念して大阪市歌が制定されました。
 三代目庁舎は、御堂筋を挟んで片岡安の師・辰野金吾設計の日本銀行が向かい合っていました。

 昭和57(1982)年1月、三代目庁舎の東側に四代目の新庁舎の第1期工事が完工した後、同年5月7日に閉庁式が執り行われ、同年6月11日より取り壊しに着手されました。跡地に新庁舎の第2期工事が昭和61(1986)年1月27日に完工しました。

浪華名所獨案内の中之島付近
天保新改攝州大阪全圖(天保8年発行)の中之島付近
明治41年、昭和4年、昭和32年地形図、最近の航空写真の中之島付近(今昔マップ3)

第2回第6問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/09/blog-post_14.html
第2回第1問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/08/blog-post_10.html
第1回第1問はこちらからどうぞ。≫ http://sumai-osaka.blogspot.jp/2016/06/blog-post_1.html