2012年2月25日土曜日

大阪学の最終回が開催されました!

 2月19日(日)に住まいの大阪学の3回目「大阪の食の知恵~簡単に作れるほんまもんのダシ~」が開催されました。
 当日は浪速中学校雅楽部の生徒さんによる食にまつわる曲の演奏もあり、賑やかに始まりました!!




講師の笹井先生には“大阪出汁”についてお話をしていただきました。


昔から昆布の流通が盛んであった大阪では

昆布で出汁をとることが多かったことから、

大阪で使われる昆布中心の出汁のことを

“大阪出汁”と名付けられたそうです。



そのなかでも大阪は昆布自体に旨味のグルタミン酸が多く含まれている

真昆布を使うことが特徴です。

京都はクセがない利尻昆布、東京は関東の硬水にも適した日高昆布がよく使われています。





さて“ダシ”と聞くと「ちゃんととらないと・・・」と身構えてしまうのは私だけでしょうか・・・?

セミナーの中では簡単な出汁のとり方についても教えて頂きました。


1、昆布を水につける

2、冬場なら3,4時間、夏場なら2時間ほどそのまま置く

                                            以上



これなら私にもできそうです!!

保存する場合は昆布はつけたままで、また時間がない場合は30分ほど浸けて、煮出してもいいそうです。

“昆布は一番のインスタントだし”という先生の言葉もこれを見ると納得ですね!

ちなみに鰹節を入れてしまうと腐りやすくなるため、

使う分のみ鍋に移し、煮立ったところに鰹節をいれ、あわせダシをつくるとよいそうです。





作り方がわかったところで、早速昆布を買いに行きます。

今回は、住まい情報センターから歩いてすぐの『天音屋(あまねや)本店』さんへ。

お店に入ると佃煮がずら~と並んでいます。

とても種類豊富です!


こちらではすべての商品に真昆布を使われています。

その中で佃煮の種類により、産地を使い分けているそうです。

佃煮は昔はしょっぱいのが好まれましたが、今は甘めのほうが人気で

時代により、味付けも変えられているそうです。



出汁用の昆布も色々種類があります。

お手軽な端っこの「煮〆昆布」は浸け時間が短くていいそうです。

同じ真昆布でも産地により表情が全く違うのがおもしろいです!





商品開発にも力を入れられているそうで、

こんな新商品を見つけました! ↓ ↓




新商品「昆ぺい玉」です!
味をつけた昆布をぎゅっと固めた商品だそうです。
口に入れると、凝縮された昆布の旨味が口いっぱいにひろがります!



コンブ屋さんというとちょっと入りにくいイメージでしたが、

好みに合わせた佃煮をセレクトしてくださったり、

とても楽しかったです!!



最近では、昆布はスーパーや百貨店で購入されることがほとんどだそうです・・・


しかし!!

全国的に知名度の低い真昆布は、上等な物でも安く手に入りやすいそうです!!!

皆さんもぜひ街の昆布屋さんに行って「真昆布をください」と言ってみて下さい!!

私もこれを機会に昆布生活を始めたいと思います!!



天音屋本店
大阪市北区天神橋5-8-25 (天神橋筋商店街内)

http://www.amaneya.co.jp/

33


              

2012年2月18日土曜日

住まいのライブラリーに新着図書が入りました!

2月も半ばを過ぎ、まだまだ厳しい寒さを感じるこの頃です。 こんな時期はあたたかい部屋の中でゆっくり読書をしてみるのも良いかもしれません。

大阪市立住まい情報センターでは、
住まいや大阪の生活文化に関する図書・資料・雑誌等を揃えたライブラリーを4階に設置しています。
最近、住まいのライブラリーに入った新しい図書の中から2点ご紹介いたします。



● 「暮らしこそが道楽 元気に生きる衣食住のコツ」 著者:城戸崎 愛 発行:講談社

私が小学生のときに初めて図書館で借りた本が、城戸崎愛さんが子供向けに書いたお料理の本でした。きれいな装丁で、お料理を作るために、というよりも作り方を丁寧に解説しているところや美しい写真に魅かれて何回も借りました。
題名は忘れてしまいましたが、(ラブおばさんの・・・から始まるタイトルだったと思います。)
今でもとても思い出深い本です。
この「暮らしこそが道楽」を読んで、小学生当時にも著者に感じた、気取らないけれどあたたかく、きちんとした佇まいを思い出しました。ノウハウではなく、自然体から衣食住に向き合う姿勢を感じます。

● 「数寄です! 女漫画家東京都内に数寄屋を建てる」 壱・弐 著者:山下 和美
  発行:創美社

著者でもある漫画家・山下和美さんが数奇屋を建てるストーリーのエッセイ漫画です。
「建物をつくる」ことにまつわることは文章で伝えるのは難しいな、と感じることがあるのですが、漫画で臨場感たっぷりに伝わってきます。

* * * * *

「住まいや大阪の生活文化に関する本」で皆さんのおすすめはありませんか?
ライブラリー内に設置しているアンケートで回答していただくことが可能です。
ぜひ、とっておきの本を教えてください。参考にさせていただいています。
よろしくお願いします。

「住まいのライブラリー」図書の検索はこちらからどうぞ。↓

http://library.sumai.city.osaka.jp/opac/wopc/pc/pages/TopPage.jsp

★上記サイトの左側、資料検索→新着資料検索で、新しく入った本を探していただけます。ぜひご利用ください。


つっきー

2012年2月8日水曜日

あなたも一緒に交流しませんか?

住まい情報センターでは、平成23年度タイアップ交流会を開催します!

今年度は、「住まい」「まちづくり」「長寿命住宅」「不動産」「マンション」「インテリア」「整理収納」「親子ワークショップ」など、様々な分野の専門家がタイアップ事業を開催しました!

この交流会では、団体の活動紹介、タイアップ実施ノウハウを共有、名刺交換など、アットホームな雰囲気のなかで情報交換しあいます。

この機会にあなたも交流会に参加してみませんか??


日 時:平成24年3月18日(日)13:30~16:30
場 所:大阪市立住まい情報センター3階ホール
定 員:30名(申込多数の場合は抽選)


≪発表団体≫
■ 整理収納相談ねっと・おーさか
□ 国土交通省 近畿地方整備局
■ 特定非営利活動法人 集合住宅維持管理機構
□ 大阪府不動産コンサルティング協会
■ 社団法人 日本商環境設計家協会〔JCD〕関西支部
□ NPO 法人 もく( 木) の会
■ 大阪土地家屋調査士会 境界問題相談センターおおさか
□ おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会
■ 特定非営利活動法人 日本マンションライフサポートセンター
□ KIWI labo. 
■ NPO 法人 住宅長期保証支援センター

興味のある方、どうぞお申込みください。
申し込み・詳しくはこちら≫https://www.sumai-machi-net.com/event/portal/event/30511


by たまちゃん