2016年4月21日木曜日

第2回大阪市パノラマ地図検定(第8問) 20160421

大正13年発行の「大阪市パノラマ地図」から合計10問の問題を出題します。
後日、解答例と解説を投稿しますので、自己採点をしていただき、
90点以上で1級、80点以上で2級、70点以上で3級が認定されます。

第8問
下の地図は大阪市パノラマ地図のある部分を拡大したものです。
A 地図の中心の赤丸印の場所には当時何があったでしょうか?(建物名、橋名など)
B 現在はどうなっているでしょうか?
C 江戸時代天保年間には何があったでしょうか?
D その後松坂屋はどこへ移転したでしょうか?


配点は、A、Dは各2点、B、Cは各3点とします。

早くに答えを知りたい方は、下記あてに解答をお送りいただきますと、コメントをつけて返信いたします。
回答は、こちらからどうぞ。
     (「お問い合わせ内容*」の欄にA~Dの解答を記入してください。)

さあ、レッツ、チャレンジ!!
多くの皆さんの回答をお待ちしています。

江戸時代天保年間の手がかりをつかむには、浪華名所獨案内をご参照ください。
地図は、こちずぶらりさんからお借りしました。

続きはこちらからどうぞ。
第1問から見る方はこちらからどうぞ。

気が向いたら、第1回検定もどうぞ。

住まいまちづくりネットでは、住まい情報センター主催のセミナーやイベントの紹介、専門家団体やNPOの方々と共催しているタイアップイベントの紹介などを行っています。イベント参加の申し込みや、ご意見ご感想などの投稿も、こちらから行える双方向のサイトとなっています。是非トップページのほうも御覧ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿