2017年1月12日木曜日

「大阪・和の暮らしを体験する会」の参加者(外国の方)を募集します

Offer international participants to join workshop “Look and Feel of Housing and Life in Edo-Period and Modern Osaka”

The Osaka Museum of Housing and Living will hold some workshops called “Look and Feel Housing and Life in Edo-Period and Modern Osaka” and a symposium on “Traditional Culture and Life in Osaka” as below. This will be held as a part of a project called Workshop on “Traditional Culture, Housing and Life in Japan(Osaka)” with international participants―“Traditional Culture, Housing and Life” in The Osaka Museum of Housing and Living and Yoshida Family Residence― Transfer to “Sympathy” from “Experience.”
We would like you to introduce this information to your acquaintances and people who are interested in this event. (Limited to international paticipants)

〇Offer international participants to join workshop “Look and Feel of Housing and Life in Edo-Period and Modern Osaka”

Date and time: 2017/2/4(Sat.), 5(Sun.), 6(Mon.) 12:15-18:00
Location: The Osaka Museum of Housing and Living & Yoshida Family Residence, near Tenjimbashi 6 chome station in Osaka City

・Experience “Traditional Culture, Housing and Life,” walking in The Osaka Museum of Housing, where Osaka streetscape of Edo-Period was recreated in real scale.
・Wearing a Kimono, participate some performances, walking around traditional houses and experience “Edo-Period Life.”
・Experience “Sui(chic)” of Traditional Culture in Osaka at Yoshida Family Residence. For example, through “Calligraphy” “Tea ceremony” “Traditional Dance in Osaka.”

※This event will be held for international participants, limited 20 participants each time.
Please send an application of a leaflet by FAX or apply by Website “goo.gl/10Cggz
We will decide by lottery in case of too many applicants. (We will give priority to the participants who apply to a symposium on the 8th, February.)
Deadline of participation is on the 25th, January (Wed.) (No later than)


※This project is implemented as Olympic and Paralympic basic policy research in 2016 which Cabinet Secretariat Olympic and Paralympic Promotion Office outsourced.

※Symposium on “Traditional Culture and Life in Osaka”
http://sumai-osaka.blogspot.jp/2017/01/blog-post_7.html



〇「大阪・和の暮らしを体験する会」の参加者(外国の方)を募集します

大阪くらしの今昔館では、「外国の方と考える”和の住まい文化劇場”-大阪くらしの今昔館と吉田家住宅で紡ぐ和の住まい文化 体感to共感」の一環として、「大阪・和の暮らしを体験する会」を開催します。

日時:2017年2月4日(土)、5日(日)、6日(月) 12:15~18:00
場所:大阪くらしの今昔館&吉田家住宅

・江戸時代の大阪のまちを実物大で再現した今昔館を舞台に、”和の住まい文化”を体験
・参加者(外国の方)は和服の着付けから、江戸時代の日常にタイムワープし、町家をめぐる演劇に参加
・日本の住まいで織りなす書道・茶の湯・上方舞、現在に続く上方文化の粋(すい)を吉田家住宅で体験

■プログラム■
・集合・受付 各日12:15 大阪市立住まい情報センター4階
・〔体験〕着物の着付け
・〔体験〕大阪くらしの今昔館を歩く
・〔映像上映〕江戸時代の大阪のまちと文化
・〔演劇〕大阪町家劇場
・〔体験〕吉田家住宅で上方文化を感じる(書道・茶の湯・上方舞など)
・閉会(18:00予定)

※このイベントは外国の方を対象に開催します。各回20名様限定です。
お知り合いに参加をお勧めしたい外国の方がおられましたら、ご紹介をお願いいたします。

※参加ご希望の方(外国の方)は、リーフレットの申し込み欄をFaxしていただくか、
goo.gl/10Cggz からWebでお申し込みください。
応募者多数の場合は、抽選により参加者を決めさせていただきます。
(2月8日の「上方の生活文化」を考えるシンポジウムにも参加していただける方を優先いたします。)
申込期限は1月25日(水)(必着)です。
詳しくはこちらのリーフレットをご覧ください。


※本プロジェクトは、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託により、平成28年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査として実施しています。

※「上方の生活文化」を考えるシンポジウムについては、こちらをどうぞ
http://sumai-osaka.blogspot.jp/2017/01/blog-post_7.html

0 件のコメント:

コメントを投稿